堆肥等による土づくり、環境への負荷の低減を「生産の理念」としています。
   輸作やマルチなど耕種的な防除、物理的防除、天敵等を活用した生物的防除等を
   基本とし、やむを得ず使用する農薬は、秋田県病害虫防除基準に定められた毒性
   の低い農薬に限定しています。
   県の慣行栽培による農薬や化学肥料等の使用状況等をすべて公開していますので、
   節減の程度が分かりやすくなっています。
   認証検査業務に携わる者の要件を厳格に設
   けるとともに、検査員は、申請ほ場の検査と
   栽培管理確認の最低2回以上、現地検査を
   行います。
   また、検査部門と判定部門を独立させてい
   ますので、認証適否の客観性が確保されて
   います。